タイトル

事業内容

NEDOの補助金を活用して、運送事業者へのデジタルタコグラフ導入
補助事業と事業による成果や課題把握等、評価のための調査を行います

【デジタルタコグラフ導入補助事業】

大阪府淀川右岸地域(河北支部)の運送事業者に、デジタルタコグラフ導入を促進するために金銭的助成を行う

 

対  象 40事業所
デジタコ 300台
年間 原油削減目標 400kL
年間 経費削減目標 4千万円
各運送事業者負担額は
52万円〜95万円

【左の事業の評価】

河北地域エコドライブ推進研究会にて評価

 

<大阪大学>

新田保次教授
橋本介三教授
松村暢彦助教授

 

<関連自治体>
<デジタコ助成申請者>
<NEDO共同事業者>

運送事業所にやっていただくこと

  • デジタコをつけてエコドライブを推進する
  • 給油量、走行距離を記録する
  • デジタコデータの提供
    (事務局でパソコンのデータを収集)
  • 簡単なアンケートやヒアリングへの協力
  • 研究会で感想などの発言

事務局が調べること

  • デジタコの導入効果
  • 事業所の変化
  • ドライバーの変化
  • 省エネ効果
  • 広報活動(壁新聞、ホームページ、マスコミ等へ)